選び方

キャットフードはどのように選ぶべきでしょうか。まず国産と外国産のどちらかを選択することになります。必ずしも国産だから安心できるというわけではありません。海外の方が規制が厳しいからです。よく比較検討しましょう。ドライフード

ウェットフードとのどちらの方が常食に向いているのかといえば、やはりドライフードでしょう。栄養価がドライフードの方が高くて、しかも安上がりとなっています。無添加のものもドライフードの方が多いです。ただし、ウェットフードは水分が含まれているというメリットがあります。ドライフードを与えるならば、しっかりと水を与えなければいけません。また、ウェットの方が猫が好みやすいため、その点も意識しましょう。

キャットフードにはいろいろな種類があるのですが、基本的に総合栄養食というものを与えていれば良いです。こちらには猫が生きていくために必要な栄養がすべて含まれています。水とこの総合栄養食を適量与えるだけでも猫は健康に生きていくことができるでしょう。

総合栄養食できちんと安全が保証されているものを与えておけばとりあえず大丈夫でしょう。添加物ができるだけ含まれておらず、信頼できるメーカーのフードを購入しましょう。

キャットフードの種類

キャットフード 肉猫に与えるキャットフードにはどのような種類があるのでしょうか。種類分けの方法としては、含まれている水分量によって分類する方法があります。

まず水分の含有量が10%以下のものがドライタイプです。もっと水分量の多いものはセミモイストタイプです。そして水分含有量が75%以上となっているものはウェットタイプと呼ばれています。こちらは猫にとっての満足度がとても高いです。ただし価格は割高であり、口臭や歯石の原因となってしまいます。

キャットフードにはさまざまな成分が含まれています。まず、肉・ミートです。これは動物から取られる汚染されていない肉のことです。肉副産物ミート副産物というものがあり、こちらは肉部分を除いた動物の体の組織のことです。たとえば肺や腎臓、脳といった部分です。肉粉・ミートミールというものがあります。こちらは血液や毛、角といった部分を精製して、さらに脂肪を取り除いたものです。さらに、穀物や脂肪、添加物などがあります。

このようにさまざまなものが含まれていたり、水分含有量の違いによって種類が分かれたりしています。できるだけ体に良い物がたくさん含まれているキャットフードを選びましょう。聞き慣れないものが含まれているならば、それが指すものをきちんと調べておきましょう。

食事は重要

猫の健康管理のために食事はとても重要です。猫にとって必要な栄養素というものがあります。それは人間と同じです。6大栄養素と呼ばれているものをすべてきちんと摂取しなければいけません栄養素炭水化物や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、そして水をきちんと摂取できなければ、体に何らかの異常が生じてしまうでしょう。上記の栄養素は猫が体を維持していくために必要不可欠であり、猫の体を構成しているものとなります。

ただし、人間と猫ではそれぞれの栄養素の重要度は異なっています。たとえば、炭水化物は猫にとってはあまり必要なものではありません。肉食動物である猫にとってはタンパク質がとても重要です。

タンパク質の中にはさまざまなアミノ酸が含まれています。その中でも必須アミノ酸は体内で合成できないため、外部から取り入れなければいけません。特にタウリンやアルギニンが不足してしまうと、猫が深刻な体調不良に陥ってしまうでしょう。タウリンの不足によって病気になってしまいます。

猫のエネルギー源となっているのは脂質です。そのため、しっかりと摂取しなければいけません。体の調子を整えるためにはビタミンも重要です。ミネラルもちょうど良い量を摂取する必要があります。水も適量を取り続けなければいけません。

猫のキャットフード

猫にとってとても重要なことは食事です。食事猫にどのようなエサを与えるかによって、健康状態に大きな影響を与えることになります。猫を飼っている方の中には、ただ漠然とキャットフードを与えているだけの方も多いです。しかし、それでは猫の健康状態を悪化させてしまう可能性もあります。猫の健康を維持するためには、普段与えているキャットフードにこだわることが大切です。さまざまなメーカーからいろいろな種類のキャットフードが出ています。その中からそれぞれの猫に合ったものを与えるべきです。人間にとって普段の食生活が重要であるように、猫にとっても食生活によって受ける影響はとても大きなものです。飼われている猫というのは自分でエサを選ぶことはできません。すべて飼い主が与えたものをそれにしたがって食べています。

野生の猫の場合は自然と自分に足りていない栄養を補うように食事をすることができるのですが、ペットの場合はそういうわけにはいきません。すべて飼い主が責任を持たなければいけないのです。万が一、猫が食事の内容によって健康状態を悪くしてしまったら大変なことになります。そうならないように気をつけましょう。

こちらではそんなキャットフードと猫の健康の関係について紹介します。実際に猫の食事がどのように健康に影響を与えてしまうのかに注目してみましょう。猫を飼っている方にとってとても役に立つ情報となります。ぜひとも参考にして、猫の食生活を整えましょう。