選び方

キャットフードはどのように選ぶべきでしょうか。まず国産と外国産のどちらかを選択することになります。必ずしも国産だから安心できるというわけではありません。海外の方が規制が厳しいからです。よく比較検討しましょう。ドライフード

ウェットフードとのどちらの方が常食に向いているのかといえば、やはりドライフードでしょう。栄養価がドライフードの方が高くて、しかも安上がりとなっています。無添加のものもドライフードの方が多いです。ただし、ウェットフードは水分が含まれているというメリットがあります。ドライフードを与えるならば、しっかりと水を与えなければいけません。また、ウェットの方が猫が好みやすいため、その点も意識しましょう。

キャットフードにはいろいろな種類があるのですが、基本的に総合栄養食というものを与えていれば良いです。こちらには猫が生きていくために必要な栄養がすべて含まれています。水とこの総合栄養食を適量与えるだけでも猫は健康に生きていくことができるでしょう。

総合栄養食できちんと安全が保証されているものを与えておけばとりあえず大丈夫でしょう。添加物ができるだけ含まれておらず、信頼できるメーカーのフードを購入しましょう。